シンプルなスキンケアこそが小鼻の黒ずみを減らします

私はずっと小鼻の黒ずみで悩んでいました。化粧をしてもうまくかくれず、時には無理やり出したり、毛穴のパックもやっていました。しかしそれでもあまり改善されませんでした。
そこでエステサロンに行って、毛穴の黒ずみをとってもらうようにもしました。自分でやるより確実にお肌によいし、よく取れます。しかしコストがかかってしまうし、エステだと毛穴の黒ずみだけなくすというのは無理でどうしても全体のフェイシャルコースになってしまい、時間もかかってしまいます。
そこで様々な化粧水などをためしましたが、どれもお肌にはよくてもあまり毛穴の黒ずみにきくというものはありませんでした。
そこで私は洗顔をしっかりとすることに決めました。ある朝、時間があったのでやさしく丁寧に長い時間洗っていたら、毛穴の汚れがめだたなくなったのです。それをできる限り毎日つづけるようにしたところ、毛穴の汚れが目立たなくなりました。丁寧に洗うことはとても大変ですが、その後エステに走ったり、化粧水を探しまわることを考えたらずっと楽だし、シンプルな方法です。また毛穴を広げる為に、先に蒸しタオルやスチーマーなどをあててから洗顔するとなおよいです。ひと手間かけるだけで、毛穴の黒積みが目立たなくなります。おためしください。

 //説明1
 ←男性の血液型


 ←女性の血液型




 //説明3
 //説明1

カテゴリー:

鼻の毛穴の黒ずみを解消しよう

毛穴の黒ずみの正体は、酸化して黒ずんだ角栓です。角栓は角質(タンパク質)や皮脂でできています。皮脂だけなら、脂を溶かすクレンジング剤などを使えば除去できますが、皮脂だけではないので、なかなか除去が難しくなっています。
では、どうすれば毛穴の黒ずみを解消できるのでしょうか。見ていきましょう。
角栓に効果的な洗顔を行いたいなら、酵素洗顔料を使用すると良いでしょう。酵素入りの洗顔料は、タンパク質を分解します。
酵素洗顔料を使ってもまだ角栓が詰まってしまうという場合は、ピンセットなどで取り除くと良いでしょう。角栓を引き抜くのは刺激があって良くないともいわれますが、毛穴は穴であるために老廃物が溜まりやすく、放っておくと、角栓がどんどん成長して毛穴を広げてしまいます。なので、肌を柔らかくした状態で、周りの皮膚を傷つけないように行うといった配慮をすれば、角栓の引き抜きは効果的だと思います。
そして、洗顔後や角栓の引き抜き後は、セラミドなどの保湿成分をたっぷりと補いましょう。肌をしっかり保湿すると、肌のキメが整います。肌のキメが整うと、毛穴が目立ちにくくなって良いです。
また、定期的にピーリングを行って、古い角質を取り除きましょう。
以上のことをしばらく行っていると、徐々に毛穴の黒ずみは解消されていくことと思います。

カテゴリー:

鼻の黒ずみの原因と改善方法とは?

鼻の黒ずみに悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。
メイクで隠すのも大変ですし、鼻は目立つので困ります。
そもそも、なぜ鼻に黒ずみができてしまうのか。
それは、お肌の老化に原因があります。
鼻の黒ずみは、お肌に溜まってしまった老廃物と角質なのです。
お肌が老化してしまっていると、代謝が悪くなりますから、どんどん黒ずみが増えてしまうという悪循環に陥ってしまいます。
では、どうすれば鼻の黒ずみを取り除き、そして今後も黒ずみを溜めないようにできるのかをお教えします。
大事なのは、洗顔前に毛穴を開いてあげることです。そうすると、洗顔フォームを使って顔を洗うときに、毛穴の汚れが外に出てきやすい状態になります。
では、どうするかというと、蒸しタオルを使います。
蒸しタオルは、お湯でタオルを使って作っても、濡らしたタオルを電子レンジに入れて作ってもどちらでも構いません。
蒸しタオルを鼻中心に当てて、1~2分待ちます。そして、その後クレンジングまたは洗顔フォームで丁寧に洗います。
洗顔後は、再び毛穴を引き締める必要があります。
冷たい水で洗顔フォーム、クレンジングフォームを洗い流します。
温めて開いた毛穴ですから、引き締めるためには今度は冷やせばいいわけです。
こんな簡単な方法で、鼻の黒ずみは改善できます。

カテゴリー:

お尻の黒ずみをプロのアドバイスで撃退!した経験談

お尻の黒ずみは、自分ではなかなか気づきません。そのため、知らないうちにどんどん進行してしまい、気づいた時には取り返しのつかないくらいになっていた、ということもあります。私の場合はエステのボディマッサージを受けた時に、エステティシャンに指摘され、アドバイスをもとにケアを始めましたが、もし指摘してもらっていなかったらと考えるとぞっとします。

さて、エステティシャンがお尻の黒ずみ対策に教えてくれたケア方法は3つ。「クッション」「ピーリング」「マッサージ」でした。お尻が黒ずむ原因の大きなものは、固い椅子に座るからだそうで、オフィスではクッションを使うこと、カフェではできるだけ柔らかい座面の椅子に座ること、とアドバイスを受けました。

ピーリングはボディスクラブなどのハードなものではなく、顔用のAHA主成分のものがおすすめということで、少し濃度が高めのジェルタイプのものを使用。お風呂あがりにはボディオイルで即マッサージ、というケアを続けた結果、数カ月後にエステにいった時には、「すっかりきれいになっている」という評価をもらって安心しました。

どうしても椅子に座る機会が多いので、今でも黒ずみを予防するために、鏡でのチェックと3つのケアは欠かしていません。

お尻の黒ずみ

イチゴ鼻がいつの間にか普通の鼻になりました。

イチゴ鼻に悩んでいる方いませんか。
実は私の母がそうでして、とても悩んでいました。
イチゴ鼻とは、鼻の毛穴が開いてそこに汚れや角栓が詰まってしまい、
見た目がまるでイチゴのようになっている状態を言います。
酷い人は毛穴が黒ずみ、アクネ菌が繁殖してニキビの原因にも繋がります。
それで私の鼻はどんなかというと、
自分で言うのもなんですが、とても綺麗です。
というか、綺麗と人から良く言われるので自分でもそう思うようにしました。
多分それは若い頃に悩んでいた敏感肌を治そうと、
いろんなスキンケア法をためし、
一番お肌にいい方法に巡り合えたからだと思います。
その方法とは保湿です。
お肌は潤っていて初めて色んな症状に対応するので、
これが基本となります。
保湿でターンオーバーが良くなると一般的にも言われています。
なので母にはまず鼻の角栓や汚れを取り除くパックをしてもらい、
それから洗顔はしっかりと泡立てた泡を軽く押し当てるようにして、
ぬるま湯で優しく洗い流し、水気は早目にふき取りすぐ自分にあった保湿化粧品を塗ります。
この保湿化粧品は私の敏感肌に合っているもので、界面活性剤や香料、鉱物油などが入っていない赤ちゃんでも大丈夫な化粧品です。
これを毎日繰り返してもらいました。
私が10年ほどやっているスキンケアです。
おかげで母の鼻は普通の綺麗な鼻になりました。
この方法はどの部分の黒ずみにも効果ありだと思います。
お悩みの方には是非試して欲しいです。

お鼻の黒ずみ対策角栓編

化粧をしていて一番気になるのは、お鼻の黒ずみです。
ファンデで誤魔化しても、毛穴の黒いのが分かります。そんな時にしてしまうのが、お鼻の角栓を搾り取ってしまうことでした。うにゅ~とソフトクリームみたいに白い角栓が出てくるんです。すると毛穴の黒いのは一時的に目立たなくなりますが、毛穴が開いてしまって赤くなってしまうんです。

これって実はお鼻の黒ずみ対策には勿論逆効果でした。
お鼻の角栓は爪で絞ってはいけません。自分の経験で絞るのが癖になってしまって、絞らないと黒ずみが消せない。絞ると毛穴が広がる。また角栓がたまって絞るのループになります。

勿論そんなことは肌にいいわけありません。将来のお肌のくすみやシミの原因になります。

ではお鼻の黒ずみをとるいい方法が、角栓を取るのをやめることです。わたしがやっていたのは一番いけない方法でした。

角栓は日々のケアで取っていく、人工的に取らない。これが大事です。

本当に基本的なケアをしていけば、毛穴は詰まらなくなり角栓も取れます。

まずお肌に負担をかけないこと。メイクはお肌に負担をかける一番のものです。家に帰ってきたら絶対にメイクを落としてから寝ること。もちろん、クレンジングから丁寧に入り洗顔を優しくすることです。お肌に摩擦や刺激を与えるのを出来るだけ少なくし、たっぷりの保湿。

これがスタンダードなお鼻の黒ずみケアです。いつもやっていると思いがちでしょうが、実はできていないことです。疲れて眠ってしまったり、ゴシゴシお肌を擦ったり、知らず知らずのうちに負担をかけている場合も多いです。

お鼻の黒ずみは普段のお手入れで、だんだんと薄くなっていきます。

小鼻の黒ずみ解消マッサージ

小鼻の黒ずみ気になりますよね。
この黒ずみの原因は、毛穴に詰まった老廃物です。
お肌が健やかな状態を保ったいれば、汗や皮脂と一緒に老廃物は排出されます。
はじめは、毛穴に詰まった老廃物は無色透明ですが、これが上手に排出されずに長い間毛穴に停滞し、酸化すると、黒色になって、目立ちます。
小鼻をはじめ、毛穴の黒ずみが目立つ肌は、お肌の老廃物排出機能が衰えている状態といえるでしょう。

小鼻の黒ずみを取る方法に、毛穴パックやピーリングがあります。
毛穴パックやピーリングは、物理的に毛穴の黒ずみを取る方法です。
これらの方法は、即効性はありますが、効果は一時的ですし、繰り返しやると、毛穴の凸凹が目立ったり、肌荒れの原因にもなります。
これらの方法はあくまでも応急的な手段で、日常的に繰り返すことはおすすめできません。

小鼻の黒ずみを取る安全な方法として、おすすめなのは、蒸しタオルパックと、小鼻マッサージです。
蒸しタオルで小鼻をじゅうぶん温め、毛穴の汚れをやわらかくした後、マッサージクリームを用いて小鼻をクルクルマッサージして、黒ずみを除去する方法です。
小鼻マッサージの方法は、両手をアゴの上に重ねて、親指を立て、親指の腹で、小鼻を横から挟み、クルクル回転させながらマッサージをします。
1回のマッサージではきれいさっぱり黒ずみは取れませんが、何度か繰り返すうち、毛穴の老廃物排出機能が正常になります。